スポンサーサイト

MG 百式 Ver.2.0 完成

MG 百式 Ver.2.0 の製作も、塗装が終わり、ついに完成です。まずは上半身のアップから。肩の「百」デカール、気に入っています。続いて全身です。写真の撮り方が未熟なため、金色に見えないですね。。。HGUC百式(非メッキ番)の素のプラスチックの色に見えませんか?ポーズがワンパターンですが、一番好きな横からの写真です。カメラアイはデュアルアイにしました。近づかないと分かりませんが、ツインアイをメタリックレッドで塗...

MG 百式 Ver.2.0 製作3

MG 百式 Ver.2.0 製作の続き、3回目です。まずは各色の塗装から。写真の上、赤はプレミアムレッド(G)を使いました。動力パイプの黒はエナメルのフラットブラックを吹き、はみ出した部分はエナメル溶剤で拭き取っています。写真左下、胴体の青はマーズディープブルー(G)を使いました。この色は、νガンダムの紺色塗装で一度使ってから気に入っています。最後は写真右下の胴体のグレーは、スノーダークグレー(G)を使いました。...

MG 百式 Ver.2.0 製作2

MG 百式 Ver.2.0の製作の続きです。外装の金塗装について書きます。どの金色を使用するか迷いましたが、今回はサーフェイサーエヴォ ブラックを下地にガイアのヴィクトリーゴールドにしました。サーフェイサーエヴォ ブラックを塗装したところです。サーフェイサーとメタリック塗装用の黒下地を一回で吹けるので便利です。次に、ヴィクトリーゴールドを塗装したところです。キット自身の金色よりも、少しオレンジがかった感じです...

MG 百式 Ver.2.0 製作1

MG 百式 Ver.2.0の製作です。今回はメッキを落としたいと思います。これがランナーから切り取った状態です。最初にシンナーに漬けます。自分はMr.カラーうすめ液を使用しました。2~3分でクリアイエローが落ちます。クリアイエローが落ちてシルバーメッキになった状態です。メッキ落としには、市販のキッチン用ハイターを使用しました。こちらも2~3分ほど漬けました。最後に水洗いして、綺麗なクリアパーツになりました。どの塗料...

MG 百式 Ver.2.0 素組み レビュー

MG 百式 Ver.2.0を素組みしました。細身な体型とつや消しの金メッキのおかげで、素組みでもカッコいいです。ただし、既に言われているように金メッキが均一でない部分があります。とても綺麗なつや消しメッキなので、このメッキを活かし、ニッパーで切った部分のリタッチのみで仕上げようと思いましたが、メッキを落としてから、塗装してみたいと思います。MG 百式 Ver.2.0 素組み レビューMG 百式 Ver.2.0 製作1MG 百式 Ver.2.0 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。